えひめグローバルネットワーク

文字サイズ
小
中
大
日本語
  • 日本語
  • 英語
  • ポルトガル語
  1. ホーム
  2. NGO相談員からのお知らせ・新着情報
  3. 【お知らせ】愛媛県のJICA海外協力隊が表敬訪問を行…

NGO相談員

【お知らせ】愛媛県のJICA海外協力隊が表敬訪問を行いました(7/9)[愛媛県]

2019.07.23

愛媛県では2019年7月9日、青年海外協力隊8名(出発隊員6名、帰国隊員2名)が愛媛県庁へ中村知事を表敬訪問しました。
【出発隊員のご紹介】
 カカオ・コーヒーの加工、商品化のマーケティングを中心に取り組む玉木冴子さん(派遣国:ペルー/職種:コミュニティ開発)は「現地の気候は愛媛と似ていると聞いているので、愛媛を思い出しながら活動に励みたい」と意気込みを話しました。
 職業訓練校にて専門競技の卓球を中心に指導を行う予定の塩入拓磨さん(コロンビア/体育)は、大学卒業後間もなくの派遣。「帰国後は教員を目指し、この2年間で学んだことを還元したい」と前向きな心持ちでした。
 前川哲人さん(パナマ/コミュニティ開発)は、現地の漁業協同組合の活性化・漁民の生活向上に向けた取り組みを実施する予定で、「これまでに培ったコミュニケーション能力を生かして頑張ります」と話しました。
 「世界の農業分野には課題が多く残っていると知った。大学で学んできたことを活かしたい」と話す大学院在学中の森松沙紀さん(パラグアイ/家畜飼育)は、現地の同職種隊員と協力し、短期隊員の受入も担当しつつ、牛をはじめとする家畜の管理と牛乳生産にかかるプロジェクトに携わります。
 現職教員として派遣予定の村上二郎さん(ミャンマー/体育)は教員養成校へ赴任し、実技を取り入れた学習者主体の体育教育メソッドを紹介する予定です。「日本代表であることを忘れず、活動にあたりたい」と抱負を語りました。
 同じく現職教員の小嶋さゆりさん(カメルーン/小学校教育)は複数小学校の教員を対象とした情操教育の指導・助言にあたる予定で、「2年間精いっぱい学び、日本で待ってくれている子どもたちへ少しでも多くを伝えられるようになりたい」と希望を述べました。
 中村知事から出発隊員6名へ「えひめ海外協力大使」委嘱状が授与され、「現地の抱える課題に皆さんの想いがリンクしたとき国を超えた国際交流が生まれます。愛媛県の親善大使として現地へ踏み込んだ活動に励んで頂きたいが、健康と安全を一番大事に頑張って来てください」と激励の言葉を頂きました。
【帰国隊員のご紹介】
 小学校で体育・音楽授業の普及活動を行い7月3日に帰国した大石里奈さん(カンボジア/小学校教育)はサンポット(同国の民族衣装)で訪問し、「2年間を通して『自分一人でやらなければ』という気持ちが徐々に『周囲と協力して活動しよう』と変化してきた」と活動を振り返りました。
 同じく、6月26日に帰国した寺尾和馬さん(チリ/体育)は、「日本の人々に南米の良さ・すばらしさを伝えたい」と今後の目標を語りました。
 知事を表敬訪問したのち、村上さん、小嶋さんの2名は愛媛県教育委員会へ武智俊和副教育長・川崎豊指導部長を表敬訪問しました。副教育長からは「子どもたちの中で海外への関心が高まってきているだけでなく、教室もグローバル化が進んでいる。帰国後はぜひ、こうした教育現場の国際化をリードする存在として周囲を引っ張ってください」と激励のお言葉で送り出して下さりました。
 小嶋さんは7月5日に大洲市役所へ二宮隆久市長・東山宏教育長を表敬訪問した折、二宮市長・東山教育長からは「市内でも様々な分野で世代交代が難航しているが、2年間でたくましくなって戻ってきた小嶋さんには、新しいリーダー格として周囲を引っ張れる存在となって戻ってきてほしい」と、帰国後の期待を伝えられました。
 玉木さん、塩入さん、前川さん、森松さん、村上さんは7月10日、松山市役所へ梅岡伸一郎副市長を表敬訪問しました。副市長は各隊員の任地の状況や食生活・不安に思っていることなどを尋ねられるとともに、「松山にこれだけ素晴らしい人々がいたと知り嬉しい。それぞれに与えられた役割・期間は異なるが、安全に気を付けて頑張って来てください」と激励をいただきました。
 大石さんは7月12日、新居浜市役所へ寺田副市長を表敬訪問し、カンボジアの教育分野における現状を交え、大石さんが携わってきた小学校での活動について報告しました。副市長からは「国民性も環境も異なる中での2年間、本当にお疲れ様でした」とねぎらいの言葉をいただきました。
(注)寺尾さんは8月2日に西条市役所を表敬訪問する予定です。

【詳細】
独立行政法人国際協力機構ホームページ>JICA四国>トピックス>2019年度>【ボランティア事業】愛媛県のJICA海外協力隊が表敬訪問を行い
https://www.jica.go.jp/shikoku/topics/2019/0718_2.html

TOPへ